校内暴力を可能にしたBULLYゲーム

1つのゼミナール館内に関する奇妙な対話が多い「BULLY」が前からお話でした。
教師からの説教を受け教えを物悲しい客間で受け続けていらっしゃる。旦那今日は反発する胆力や言い返しのバイタリティはあります。
作風は自分で自由に工程できます。ゼミナール時分を自由に走り回ったり命運を附ける場面がいくらかあります。
校内暴力を実施することができる工程が糧類ですから大学生の奏者には熱狂を与えて貰える。
ゼミナールのクラスメイトをボコボコのギッタギッタにやれる暴力で日常的なヤキモキを解消できます。同級生を心頼みさせて脅す方策もあって、この世的「乱暴」という「意地悪」を娯楽空間で体験できるものです。
方を攻撃する目的の工程もたくさんあってものをぶつけたり破壊したりすることで二度と、事象を悪化させて校風を乱して出向くことを目的に動きとれることがほんとに強みだ。
楽しみ方は人それぞれで「暴れ方も十人十色」だから奏者は最高の恐怖と熱狂を感じます。
本当にゼミナール館内で暴力沙汰が起きたからにはそれは、BULLYのように米にしかないような「銃乱射」と同じ結末を有する殺意を「強み」として、奏者に与えてくれるだろうとおもいます。
そうして、先生を攻撃するケースと本当にゼミナール館内を暴れ回る景色や動きが楽しくなって娯楽をやりこむと思いますが、年間ほど経過してから振り返ると
単独はなんて恐い娯楽を通じていのか、と後悔するはずです。
(日常的な危険ケースが多い娯楽だ)興味のある方はどうぞ